新着情報:栃木県宇都宮市の法律事務所

Copyright © 2012-2017 KOSUGE & SHIMAZONO LAW OFFICE All Rights Reserved.

新着情報

遺言① 【遺言書をなぜ作成するのか】

1 遺言書の重要性

まず大切なことは、遺言書を作成することの重要性を認識することです。それは、遺言書を作成することで、自分の死後の相続トラブルを予防することにあります。

 

2 遺言書を作成することのメリット

遺言書を作成することの現実的なメリットは、重複する部分もありますが、次の3点にあると思われます。

① 死後に遺産分割協議を行う必要が少なくなり、相続人同士での揉め事が少なくなること。

② 死後に被相続人の口座から遺族が速やかに預貯金を下ろせるようにできること。

③ 相続手続をなるべく簡単にし、遺された家族の負担が減ること。

一つずつ見ていきましょう。

(1)遺産分割協議の予防

遺言書がない場合には、相続人は、遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成する必要があります。

遺産分割協議書を作成するには、法定相続人全員の合意が必要となります。分けるべき遺産が現預金や株式など分割可能なものであれば、法定相続分に応じて分けるなどして合意は比較的容易です。しかし、不動産などの場合には、簡単には分けることはできませんので(所有の問題と利用・管理の問題もあります)、相続人間で揉めやすくなります。

また、手続的には、全員分の実印と印鑑登録証明書が必要となりますが、相続人が多数であったり、全国各地に点在していたりする場合には、一挙に揃えることは容易ではありません。

さらに、例えば失業や離婚などに遭い、新たな収入源を当てにできない遺族にとって、頼りになるのは遺産だけという状況にある場合には、生存のため、協議の際に争われることが少なくありません。

(2)預貯金支払停止の予防

相続開始となると、被相続人の口座は支払停止となります。その場合、「預貯金を〇〇に相続させる」という遺言書がなければ、遺産分割協議がまとまらない限り、たとえ遺族でも口座からお金を下ろすことができなくなります。そうすると、預貯金を頼りにしてきた遺族の生活費が不足し、遺された家族の生活がたちまち困窮するということにもなりかねません。

(3)遺族の負担の軽減

遺産分割協議の大変さは上述したとおりですが、相続手続をするのには、①被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本と除籍謄本、②相続人全員の戸籍謄本・住民票・印鑑証明書、③不動産の登記簿謄本・評価証明書などが必要となってきます。これら必要書類を集めるため、相続人は何度も役所や銀行などに足を運ぶことになります。近年では相続人が海外に在住し、手続きに手間と時間がかかる場合もあります。

分割協議についても、相続人全員が集まる日程の調整や、移動のための時間や費用もかかりますし、話し合いも1回だけでは終了しないでしょうから、協議が長引くとかなりの肉体的・精神的負担がかかります。

遺族がこうした相続手続を弁護士その他専門家に依頼すると、相応の費用が発生し、経済的負担がかかります。

 

このように、遺族や親族、大切な人などに、相続など自分の死後の作業で大変な思いをさせないために、遺言書は不可欠といえます。この点は、是非とも理解しておく必要があると思います。

 

3 遺言書と自分自身

では、遺言書作成について、自分自身のためにする意味はないのでしょうか。

人生は長いようで短いものです。また、年を重ねるほど、時間が経つのが早く感じられるものです。そして、いつ人生の扉が閉じてしまうのかは誰も分かりません。

上記のような死後の紛争予防を、生きている間にやっておくべき役割と認識できれば、元気なうちにできるだけ解決してしまって、あとは安心してやりたいことをやりたいだけやって残された自分の人生の時間を楽しく有意義に過ごすことができるようになるのではないでしょうか。

また、自分名義の資産を書き出しこれと向き合うことで、これまで歩んできた自分自身や家族の歴史を振り返りこれと向き合う機会を得て、人生の価値を再発見するきっかけとなるかもしれません。